ポンコツ備忘録

徳島でWebエンジニアをしてる人の備忘録.日々の色々書いてます.

今年もすごかった!BRA BRA FINAL FANTASY BRASS de BRAVO 2016!

 

GWも終了目前,最後の締めとしてBRA BRA FFを見てまいりましたのでレポート.

去年も見に行ってきたのですが今年もすごかった!

実はFFをほとんどプレイしたことが無い私ですがそれでもとても盛り上がるコンサートでした!FF好き,吹奏楽経験者.大人から子供までみんなで楽しめるBRA BRA FF! 

 

BRA BRA FFって?

「子供の頃から慣れ親しんだ"吹奏楽"でFINAL FANTASYサウンドを楽しもう!」という趣旨のもと去年初開催されたこのコンサート.

製作総指揮には植松伸夫師匠,演奏はあのシエナ・ウインド・オーケストラという超豪華タッグ!

もう行く前から凄そうな雰囲気がプンプンしますね!

 

www.square-enix.co.jp

 

実は去年の東京公演にスクエニの松田社長が来ていてコンサート中に植松さんが「来年もやっていいっすか?新しいCD作っていいっすか?」と聞いてその場でOKをもらって今年の開催が決まるというなんともすごい経緯が.

ちなみに私の行った東京昼公演にスクエニの松田社長来ていました!

もしかしたら来年もあるかも・・・?

 

セットリスト

1. バトル2メドレー

2. 星降る峡谷

3. フィールドメドレー

4. 守るべきもの

5. モーグリのテーマ

6. ゴールドソーサー

7. ファイナルファンタジー メインテーマ

8. ハンターチャンス

9. ビッグブリッヂの死闘

10. FF4 メインテーマ

11. 魔道士ケフカ

12. ザナルカンドにて

13. Fragments of Memories

14. シーモアバトル

15. 片翼の天使

EC 1. The Man with the Machine Gun

EC 2. マンボ de チョコボ

 

東京 昼公演のセットリストになります.

どうやら3月に発売になった2枚目のCDからの演奏が中心ですね.

物販の公式パンフレットにも解説とともに記載されれいるのでそちらも合わせて楽しみましょう!

 

 

 あっという間の2時間!すごい楽しめるコンサート!

開演前,植松さんの前説にて演奏がすごかった際に「ブラボー!」と叫ぶブラボー係の決定.選ばれた方には缶バッヂが進呈されていたようです.

このコンサートは「クラシックのコンサートではなくゲーム音楽のコンサートなので存分にブラボー!と叫んで楽しんでいってください」とのことでした.

もちろん私もブラボーと叫んで楽しみました.

 

物語の幕開けを感じさせるファンファーレからそれぞれのバトル2へとメドレーしていく「バトル2メドレー」からスタート.最後にはお馴染みの勝利のファンファーレもありいきなりテンションが上ります.

続いての「星降る峡谷」はどことなく和を感じさせるようなアレンジ.グロッケンとフルートのバッキングの上に管楽器のメロディーが乗って非常に美しいです.

木管アンサンブルでの「フィールドメドレー」,カスタネットと全体のリズムが歯切れよく勇ましい感じの「守るべきもの」と続き,観客全体がボディーパーカッションで参加した「モーグリのテーマ」ではティンパニ担当のモーグリおじさんが全体にリズムをレクチャー.本番では指揮者さんの合図に合わせ会場全体で一体となり音楽を作っていきました.モーグリおじさんは途中でモーグリのフードを被って再登場し会場をわかせておりましたw

そして演奏者の方全員が自分の楽器を置いてリコーダーを持って演奏した「ゴールドソーサー」は学芸会のような雰囲気でしたが音は流石プロ.素敵なリコーダーアンサンブルでした.

そして急遽Webで告知されていた観客がリコーダーで参加する「ファイナルファンタジー メインテーマ」,ドラムがカッコよかった「ハンターチャンス」を演奏し前半は終了.

 

休憩を挟んでの後半はいきなり名曲「ビッグブリッヂの死闘」.中盤の3連符の刻みがものすごく気持ちいいです.

そして「FF4 メインテーマ」と続き,演奏者の方がぞろぞろと退席したと思ったらアンサンブルでの「魔道士ケフカ」.ニューオリンズ風のアレンジでとてもノリが良かったです.サックス4重奏の「ザナルカンドにて」,クラリネットアンサンブルの「Fragments of Memories」はどちらもものすごく良い雰囲気のアレンジとなっておりました.

そしてリズムがバシッと決まっていてカッコ良かった「シーモアバトル」からの「片翼の天使」.演奏はもちろんなのですがこの曲は指揮者の方にもぜひ注目してもらいたです!決め所や音の表現などタクトを振って指示をする姿がものすごくカッコよくてすごいの一言に尽きます.去年のアンコールでこの曲が演奏された際に一発で指揮者の栗田博文さんのファンになってしましました.

 

アンコールはまたもやドラムがカッコいい「The Man with the Machine Gun」,そしてお待ちかねの「マンボ de チョコボ」!この曲はシエナでお馴染みの観客が自分の楽器で一緒に演奏する曲です.もちろん私もカウベルを持ってステージに上がり一緒に演奏してきました!

 

(※ここからは写真撮影のみOK) 

 

 

 

ステージ上から見る観客席は圧巻.

皆さん思い思いの楽器を持ってステージ上に集まってきており,ステージはギュウギュウにw

私はドラムの方のそばで一緒に演奏しました.ドラムの方が掛け声の場所を教えてくれ,写真撮影にも快く応じてくださったりと一生ものの思い出になりました!

プロと一緒に演奏できて,参加者が一体となって曲を演奏する楽しさを感じることができるこのアンコールは最高ですね!

 

まだチケットはあるみたい!迷ってるなら参加しようぜ!

f:id:Shinogasa:20160508164424j:plain

 

最初から最後まで大盛り上がりのコンサートであっという間の2時間でした.

FF×シエナウインドオーケストラというハズレのないこのコンサート.まだ全国ツアーのチケットが残っているようなので悩んでいる方や興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか.

アンコールもぜひステージに上って参加者一体となって楽しんでみてください!